マットレスの捨て方・処分方法※引き取りや無料で出来る方法もまとめました

マットレスの捨て方処分方法

 

『新たにマットレスを購入したのでマットレスを処分したい』
『最近、朝起きた時に腰が痛い、マットレスの寿命かな…』

 

新たにマットレスの購入を考えている時、困るのが今のマットレスの処分
めんどくさがってヘタっているマットレスを利用するのは腰痛にも良くありませんので出来るだけ素早く対処するのが吉です

 

ただ、マットレスの様な大きな物は気軽にゴミに出す事も出来ず、どうしたらいいのか?と思われている方も多いと思います

 

そこで、マットレスの捨て方・処分方法についてまとめました
使用しているマットレスの素材や状態によっては無料以上で処分できる事もありますので参考にしてみてください


マットレスの処分方法※無料・有料あわせて6つの方法をまとめました

マットレスの捨て方処分方法

 

 

マットレスの捨て方は無料、有料合わせて主に6つ

 

手軽に出来る方法もありますので、ご自身の状況に合わせて検討してください


 

引き取りサービスがあるブランドや量販店を利用する

量販店や寝具メーカーの多くは新品を購入した際にマットレスの引き取りサービスを行っています
無料、有料、条件などは各社で異なりますが、お家に業者が直接引き取りに来てくれますので最も手軽にマットレスを処分する事が出来ます

 

大手や有名ブランドを中心に引き取りサービスについてまとめてみました

 

イケア(ikea)のマットレス引き取りサービス

イケアの引き取りサービスは店舗購入のみ無料で引き取ってくれますが、オンライン出の購入は引き取りサービスを行っていません

 

新しいソファ・マットレスを購入し、配送サービスをご利用される場合、ご購入商品と同種・同サイズかつ同数のソファ、マットレスをイケアが引き取ります。引き取り後は、リユース・リサイクル、または環境に配慮して適切に廃棄を行います。

引用:イケア公式サイト

 

ニトリのマットレス引き取りサービス

ニトリは有料でのみ引き取りサービスを行っています

 

購入された家具(組立家具は除く)と引取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引取りができます。(一部地域を除く)

引用:ニトリ公式サイト

 

無印良品のマットレス引き取りサービス

無印良品も基本的には引き取りが可能ですが、吊り下げが必要な大型家具などは別途3,000円の費用が必要とのことです

 

「対象商品」に限り、新しい商品をお届けする際、購入商品と「同種」かつ「同数」をお引き取りいたします。
無印良品の引き取り対象商品
【対象のご注文商品】
・脚付マットレス各種
・ベッド各種
・ベッド用マットレス各種
・ソファ(体にフィットするソファは除く)
・テーブル(ダイニングチェア、デスク、折りたたみ式テーブル、子供用テーブル、こたつは除く)
【同種引き取り不可商品】
・電動ベッド、ウォーターベッド
・布団、まくら、クッション各種
・体にフィットするソファ、座いす、ベンチ、マッサージソファ
・ダイニングチェア、こたつ、学習机

引用:無印良品公式サイト

 

マニフレックスは一部の正規代理店のみ対応

マニフレックスでは正規代理店事で引き取りサービスの取り扱い対応が違います
兵庫西宮店では一部地域が無料対応、それ以外の地域(近畿県内のみ)は有料(3,000円~)で対応してくれます

 

引き取り対象地域は近畿県内とさせていただいております。

 

★引き取りマットレスはマニフレックスマットレスをお一つ購入につき 1枚 お引き取りとさせていただきます。
★木枠がマットレスについていたり、脚付マットレスなどのお引き取りについては有償で3000円(税別)~とさせていただきます。
★ウォーターベッドのお引き取りはお断りさせてただいております。

 

≪無料引取が可能な地域≫
神戸市灘区・神戸市東灘区・芦屋市・西宮市・宝塚市・伊丹市・尼崎市・吹田市


引用:マニフレックス兵庫西宮店

 

エアウィーヴは対応可能、キャンペーン時は無料の場合も

エアウィーヴは基本的には有料(5,400円~)にて対応していますが、新生活応援キャンペーンなど不定期で無料で引き取りサービスを行っています

 

お引き取り可能商品

ベッドマットレスシングルサイズ
セミダブルサイズ
ダブルサイズ
クイーンサイズ
ベッドフレームシングルサイズ
セミダブルサイズ
ダブルサイズ
クイーンサイズ


引用:エアウィーヴ公式サイト

 

 

新たにマットレスの新調を考えている方は特におすすめのサービスです
多くのメーカーが対応していると思いますのでブランドが決まっていない方は事前にチェックしておくと良いですね

 

有料の場合も不用品回収業者などと比べると安く処分が出来ます


 

リサイクルショップやオークションサイト、ジモティーなどのサイトを利用して売却を試みる

捨てたいマットレスの状態が良い場合やシモンズ、シーリー、日本ベッドなどの高級ブランドの場合、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります
また、使用感が無いマットレスはフリマアプリやオークションサイトでも出品されていますのでチェックしてみて、自分のマットレスの状態が良ければ出品してもいいかもしれません

 

後は、ジモティーなどの掲示板を利用して無料で処分する方法もありますね

 

 

かなり、状態が良くないと値段が付くことは難しいかもしれませんが、急ぎで処分したいと言う方でなければ活用してもいいかもしれません


 

自治体の粗大ごみ回収サービスを利用、又は家庭用ごみとして処分する

各自治体で扱いは異なりますが、粗大ごみ回収サービスを利用すれば業者よりも格安で処分する事ができます
特に処分に困る、大型のスプリングマットレスなどは自治体がおすすめ

 

費用は大体1,000円~2,000円程度の自治体が多く、所定の位置までは自力でマットレスを運ぶ必要があります
何か事情(障害がある方、高齢者の方)があって持ち運びが難しい場合は一度お住いの自治体に相談してみましょう

 

また、ウレタン、ラテックス、ファイバー系のマットレスであれば少し面倒ではありますが、小さく切り分けて家庭用ごみとして処分する事も可能ですし、無料で処分できるのが良いですね

 

 

私の友人はウレタンマットレスだったので自分で切って家庭用ごみとして処分していました

 

ウレタンなど処分しやすいマットレスは【高反発マットレス】としても人気ですし、後々の事を考えると扱いが楽ですね


 

ゴミ処理施設に持ち込んで破棄する

マットレスが車に詰める場合は直接ゴミ処理施設に持ち込む事も出来ます

 

スプリングマットレスなどは粗大ごみとしても取り扱っていない自治体もありますのでその場合は不用品回収業者やゴミ処理施設に持ち込む形になります

 

荷物を計量して、料金を支払う形になります(10㎏あたり200円程度)

 

 

一度、引っ越しの際にゴミ処理施設に持ち込んだことがありますが、車のまま計量して(車検証を見せて車の重量との差分を計る)ゴミ処理上の中に入っていきました

 

すごく壮大なゴミ箱?の様な場所があってそのまま捨てるのですが、見た事のない光景でしたw社会見学って感じです


 

不用品買取業者を利用する

お金はかかってもいいのでとにかく手間なく処分したいと言う方は民間の不用品買取業者がお勧めです

 

他の方法よりも費用は掛かる事が多いのですが、直接家まで来てくれて運び出してくれるので楽ちんです

 

地域で口コミ評判の良い業者を選ぶのですが、その際に相見積もりをとっているなどと少し交渉するとお得になるかもしれません

 

 

お家に上がられるのが嫌と言う方はお勧めできませんが、とにかく楽です



ウレタン・コイルスプリングマットレスなど種類で捨て方は異なる?

マットレスの捨て方処分方法

 

処分の観点から見るとマットレスは大きく分けると金属のバネを利用したコイルスプリングタイプのマットレス(ボンネルコイル・ポケットコイル)とスプリングを利用していないノンコイルマットレス(ウレタン、ラテックス、ファイバーなど)に分けられます

 

金属のバネを芯材としてウレタンやウールなどの詰め物で周りと包み込んで作られているスプリングマットレスは耐久性が高い物が多いのですが、寿命が来るとスプリングが凹んだり、ウレタンがヘタッてバネ部分が体に当たって寝心地が悪くなります
そのままの状態だと、腰痛を発生させたり、眠りが浅くなる可能性がある早めに買い替えをするのがお勧めです

 

ノンコイルマットレスの場合は厚みのあるベッドマットレスタイプと直置き可能で1枚で利用できるタイプや寝具の上に重ねて寝心地を調節するものもあります
品質の高い商品だと5年以上もつ上に細かくカットすれば家庭用ごみとしても出す事が出来るので処分しやすいですね

 

耐久性の高いマットレスの特徴・寿命に関してはコチラをチェック

 

 

マットレスを処分して新たに新調すると言う方は処分のしやすさも考えてもいいかもしれませんね

 

特にノンコイルマットレスは全般的にスプリングマットレスよりも安価で体圧分散性に優れているので【腰痛マットレス】としても人気があります



ベッドマットレスを処分する時の対処法まとめ

マットレスの捨て方処分方法

 

ベッドマットレスを処分する方法を手間がかからない順番にすると

  1. 不用品回収業者に依頼する
  2. 量販店、メーカーの引き取りサービスを利用する※新品の購入が必要
  3. 自治体の粗大ごみ回収を依頼する

 

また、まだ新しいマットレス又は高級マットレスを利用している方で売れる可能性がある方は

  1. リサイクルショップに持ち込む※事前に問い合わせるのがおすすめ
  2. オークションサイト、ジモティーなどの掲示板サイトに載せてみる

 

後はゴミ処理施設に持ち込むのは持込の手間はかかりますが、最も費用が安く済みます

 

ご自身の状況に合った処分方法をチョイスしてみてください

 

 

私はいつも自治体の粗大ごみ回収サービスを利用しています

 

家の前まで持っていく必要がありますが、高反発ウレタンマットレスなので手軽です