モットンと雲のやすらぎプレミアムを比較!腰痛対策におすすめなのはどっち?

モットンと雲のやすらぎを比較※どちらが腰痛に効果的?

モットン雲のやすらぎ比較

 

腰痛マットレス】として高い人気を誇るモットンと雲のやすらぎ
価格が全く同じと言う事もあってどちらにしようか迷っている方も多いと思います

 

腰痛対策に絶対の自信を持っているモットンか、寝心地が良いだけじゃなく腰痛対策にもおすすめな雲のやすらぎ
商品ページを見ているとどちらも良さそうで迷いますよね(笑)

 

そこで、管理人が実際に使用した経験、口コミ(2chや通販サイト)、基本データなどから徹底的に比較してみたいと思います♪
どちらかま読まされている方は参考にしてみてください^^

 

実際に両方しっかり使ってみました

 

 

 

もともと、返金制度はモットンのみだったのですが、雲のやすらぎにも全額返金制度がつくようになりました

 

男性はモットン利用者が多く、女性や体重が軽めの方は雲のやすらぎプレミアムが人気と言う感じです

 

私は両方試してモットンに落ち着きましたが、母は雲のやすらぎプレミアムがお気に入りの様でした



モットンと雲のやすらぎの基本データ(素材、価格、耐久年数)を比較

  モットン 雲のやすらぎプレミアム
素材 ウレタンフォーム ウレタンフォーム、羊毛、面(マイティトップⅡ)
反発力

100N
140N
170N
から選択

150~160N
※問い合わせにより判明※

費用

39,800円(シングル)

49,800円(セミダブル)
59,800円(ダブル)

 

全国送料無料

代引き手数料無料

39,800円(シングル)
49,800円(セミダブル)
59,800円(ダブル)

 

全国送料無料
代引き手数料無料

耐久年数

10年間
(商品ページに記載)

3年~5年
(問い合わせで判明)

返金制度の有無

 

有り
(90日間全額返金制度)

有り
(100日間全額返金保証)

マットレスの厚み 10㎝ 17㎝
通気性や防ダニ対策

良い

 

ウレタン発砲を独自に調節し通常のウレタンフォームよりも通気性を上げている

良い

 

帝人ファイバー(株)が開発したマイティトップⅡを使用する事で防ダニ、防菌防臭効果を高めている

製造国

中国
ボーケン(経済産業大臣認可の日本の検査機関)の検査に合格しISO認証取得工場で製造

日本

 

基本データを比べると大きく違っているのは耐久年数とマットレスの厚み全額返金制度の有無ですね
※雲のやすらぎプレミアムにも全額返金制度がつくようになりました※

 

耐久年数について

耐久年数はあまりに短い(1年や2年)と知らない間にマットレスがヘタってしまって腰に負担をかける可能性があります

 

その為、メーカー側としても最長年数ではなくて平均、または最低年数を記載していたり答えられることがほとんどです

 

モットンは10年程度と言う話ですが、使用方法や環境にもよるとのことなので7年くらいは持つのかなと言う感じ

 

雲のやすらぎは3年は持つが、同じく手入れによっては5年持つとのこと
耐久性を計る指標はウレタンマットレスの場合は密度などで表され、30D以上あれば5年~10年は持つと言われています
モットンのウレタン密度は30Dですので確かに耐久性は高い事が分かります

 

そうなる費用が同じであっても最終的なコスパは大きく違ってきます
モットンは最長10年、雲のやすらぎは最長5年と考えるとコスパとしては倍以上違う事が分かります

 

マットレスの厚みについて

腰痛マットレスを選ぶ際に反発力や密度と同様に大切なのがマットレスの厚み
素材にもよりますが、最低でも8㎝前後以上ないとマットレスの底付き感がありますので注意が必要です

 

ベッドマットに重ねて使用するタイプは薄型の物もありますが、マットレスのみで床や畳の上に引くのであれば厚みはかなり重要です
モットンの厚みは10㎝、雲のやすらぎの厚みは17㎝となり、両方ともに十分腰痛マットレスに必要とされる厚みはクリアしていると言えます
ただ、圧倒的に雲のやすらぎの方が厚みはありますので寝具環境に応じて得手不得手があります

 

雲のやすらぎは芯材はウレタンですが、他にも綿や羊毛などをしようしているので厚みが出ていて、寝た感覚や口コミなどを見ても寝心地に関しては雲のやすらぎが一歩リードしていると感じます
反発力が強いウレタンを芯材に使用して寝心地は他の素材でカバーすると言うのが雲のやすらぎの良いところですね

 

ただ、雲のやすらぎのウレタンフォームは芯材のみとなっていて高反発部分の厚みはモットンの方が厚くなります

 

製造国について

モットンの製造国は中国、雲のやすらぎの製造国は日本となっています
国産である事は安心感につながりますが、日本製だからと言って必ずしも高品質なわけではありません

 

逆に高級マットレスメーカーの中には当然中国製の物もあり、必ずしも品質が悪いわけではありません
一昔前の様に製造国で判断するのは非常に安易な考えですよね

 

モットンは中国で作られていますが、国際基準のISO認証を取得していたり、経済産業大臣認可の第三者機関のボーケンのテストも合格しています
雲のやすらぎには特にそういった記載はありません

 

これをどうとるかはその人次第ですが、私はモットンの方が製造工場に関しては分があると思います

 

どちらが腰痛改善に効果的なのか?

 

腰痛改善の為にどちらがお勧めだと言うとやはりモットンかなと言う感じです
ただ、何度もお伝えしているように雲のやすらぎプレミアムにも返金制度が付くようになったので両方ともしっかりと試す事が出来ます♪

 

主な違いとしては

  • 耐久年数
  • 高反発素材自体の厚み

の2つの点

 

個人的には腰痛対策マットレスのモットンを使用してみるのがお勧め

 

全ての人に合う寝具と言うのは体格や年齢、性別の違いからありません
つまり、あなたには100%こちらがお勧めと断言できる人は誰もいません
であれば、腰痛解消の条件(反発力、密度、体圧分散)をそろえているマットレスを試す事が出来るのであればドンドン試すのが良いと思います

 

口コミを見ても雲のやすらぎは寝心地に関する良い口コミが目立ち、モットンは寝心地よりも腰痛改善効果に対しての口コミが多かったです
実際に寝てみた私もそう思います

 

どちらも良いマットレスだと思いますが、基本データや口コミや実体験から考えると、腰痛改善を一番に考えた時は雲のやすらぎよりもモットンがお勧めだと思います^^

 

 

どちらも本当に人気があるので甲乙つけがたいのですが、私が購入した4年前に比べてもモットンの売り上げがグングン伸びえていて腰痛対策を一番に考えるととりあえずモットンって感じでも良いのかなと思います


 

人気マットレス15種類を徹底比較!